人気ブログランキング | 話題のタグを見る

硫黄島第二弾

観て来ました、硫黄島からの手紙を・・・・・・
結構、良かったですね。
戦争は、絶対にやるべきではない!!

この映画の主役は、栗林中将なんですが
脇を固めている、中村獅童や二宮和也、井原剛志や加瀬亮達の役どころが良いですね。
しかも、これを作ったのがあのクリント・イーストウッドだとは驚きですね。
彼は、本当によく日本人を日本を勉強してるって感じました。

渡辺謙ふんする、栗林中将はアメリカ留学の経験者
アメリカを誰よりも良く知ってる1人です。
だから、彼はアメリカとの戦争は絶対やるべきではないと思っていたのでしょう。
硫黄島赴任そうそう、古参兵の昔ながらのやり方をすべて否定しました。
しかし、一兵卒の意見でも聞いてくれる人間味のある上官でした。
そして、もう1人アメリカを良く知っている井原剛志ふんする西中佐の生き様も魅力的でした。

負傷したアメリカ兵の手紙の内容を通して日本とアメリカの違いを知る兵士達
巧い構成でした、本当に精神論だけでアメリカに勝つつもりでいた上官達の哀れさも巧く
表現してました。
死ぬな!最後まで生き延びて日本に居る家族のために戦い続けろと言った栗林
それに従って撤退してきた兵士に、腰抜けそれでも日本男子か~~って叫ぶ上官
5日間で終わると思われていた硫黄島の戦いを36日間も戦った栗林の作戦
歴史に残る戦いでした。

イーストウッドの客観的な見方で構成された最高の映画となったと思います。
戦争は、いつの時代も悲劇しか生みません。
正義の為の戦争は、絶対にないのです。
私達は、先人の命を掛けた教訓を今後も伝え続けていかなければならないと感じました。
硫黄島第二弾_c0009528_2211559.jpg

by sfcmaru | 2006-12-15 22:11

思いついた時の気まま日記


by sfcmaru
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31