<   2008年 09月 ( 23 )   > この月の画像一覧

藤袴??

秋の七草あと二つ。
女郎花に藤袴。

今日も1時間くらい女郎花を探しに雨の中、西尾の矢作川周辺を
走りましたが収穫は無かった。
聞いた情報では、矢作川の下流に自生してるとのこと・・・・・
でも、見つけることが出来なかった。
がっかり。

しかし、家で以前行ってきた治部坂高原の写真を見ていたら
なんとなく藤袴じゃないかな??って感じがしてきました。
もしこれが藤袴だったら思わぬ偶然です。
しかも、アサギマダラ付きですからね。
よし、藤袴と決めた。

さあ、秋の七草後一つ女郎花を明日から又探すぞ~~~
c0009528_2056915.jpg

[PR]
by sfcmaru | 2008-09-30 20:56 | Trackback | Comments(4)

G倒3連勝で3位タイ死守

チェン投手がんばってくれました。
がけっぷちのドラ、Cさんが昼の間に勝ってるだけに
なんとしても勝たなくてはいけなかったが良く頑張った。

7回まで重苦しい展開で、投手戦となっていましたが
8回裏に荒木が値千金の一発を打ってくれました。
流石、日本代表だけありますね~~~
後は、岩瀬できっちり締めくくりなんとか3位キープでした。
残り試合なんとか頑張って、CSには食い込みたいですね。

中日が接戦を制して3連勝とし、広島との同率3位を死守した。先発チェン・ウェイン投手(23)は8回5安打無失点で7勝目。荒木雅博内野手(31)が8回裏に4号ソロで両チーム唯一の得点を挙げ、9回は岩瀬仁紀投手(33)が3人で締め33セーブ目をマークした。

 チェンは「広島が勝っていたので負けられなかった」と話した。

c0009528_758891.jpg

[PR]
by sfcmaru | 2008-09-29 07:58 | Trackback(4) | Comments(2)

中日3位死守

今朝のNEWSで知りました。(ダメじゃん!!)
ドラは、サヨナラ勝ちをしてたんですね。
昨日は、少し飲みすぎだったのか眠ってしまったのだ。

でも、なんとか3位死守できて良かった、良かった。
しかも、そのサヨナラは和田の押し出しだったのか~~~~
なんともはや、ドラらしい勝ちかたですな~~~~

これでCさんとは、全くの同率3位です。
なんとしてもCSへは、進出してもらわねば・・・・
今日は、しっかり応援するぞ~~~~~
それにしてもGさん、どうしちゃいましたかね。
今がピークって感じがしますが・・・・・・CS大丈夫でしょうか???

9回2死満塁、フルカウントからサヨナラの四球を選んだ和田が、両こぶしを握り締めた。「投手も打線も一生懸命つないでくれた」と和田の声が弾んだ。

 1回に4点を失うも2回以降投手陣が無失点リレー。23日に先発で6回を投げた清水昭が5回から2回を1安打に抑え、高橋、浅尾と今季急成長した若い中継ぎ陣が快投。9回2死から浅尾の危険球退場も、急きょ登板した長峰が投ゴロで切り抜けた。

 広島との同率3位を死守し「残り全部勝つつもりで行く」CS出場へ和田が吠えた。

c0009528_15224566.jpg

[PR]
by sfcmaru | 2008-09-28 15:22 | Trackback(3) | Comments(0)

テニス合宿

今年も恒例のテニス合宿に行ってきました。
いつもなら少し遠出をするとこなんですが、今年はうちのかみさんの都合で
近場となりました。
c0009528_2304274.jpg


サンピア岡崎での合宿となりました。
近い分だけ、いつもより沢山の時間テニスができた事はよかった。
合宿と言っても普段と格別変ったことはしないのが仲良しテニスの特徴です。
ただ、夕食からの飲み会がとっても楽しいことも合宿ならではのことです。
このメンバーとは、本当に長いお付き合いとなっています。
かれこれこの合宿も20回くらいですかね。
本当によく続いています、これも長老のノッポジイジイさんのまとめ力のお陰ですね~~
普段のメンバーは、延べで11~12人が入れ替わりですね。
まだ、まだやれますよ。

次の日は、午前中テニスをして午後からは近場の観光です。
今年は、常滑焼を見に行きました。
常滑焼セラモールへ行ってきました。
色々な常滑焼が一挙に展示販売されていて結構見ごたえがありました。
常滑焼は、急須も有名です。
我家も、急須と花瓶を買ってきました。
c0009528_231531.jpg


c0009528_2312998.jpg


これで、今年の年中行事が一つ終わりました。
早いですね、あと少しで年末になります。
急に寒さがやってきました、体調を崩さず冬を迎えましょう。
[PR]
by sfcmaru | 2008-09-27 23:01 | Trackback | Comments(4)

木立朝鮮朝顔(キダチチョウセンアサガオ)

また、また通勤途中で目に止まった花が咲いていました。
遠くから見て、ラッパのような感じがしてそれも沢山なんです。
まるで、楽器屋さんでラッパがぶら下げているような感じ・・・・・
人によっては、女性のスカートのようにも見えるそうですが
私は、やっぱりラッパに見えました。

木立朝鮮朝顔(キダチチョウセンアサガオ)と言う木の花のようです。
やはり、別名をエンジェル・トランペットとも言うそうです。
ブラスバンドのトランペットの音が聞こえてきそうな勢いでした。
中南米、インド地方原産だそうです。
c0009528_7194459.jpg

夏から秋まで、芳香のあるラッパ形の
大きい花を下向きに咲かせる。
夜に香るそうです。
でも毒があるそうなので
口にはしない方がよいようです。

c0009528_720187.jpg

[PR]
by sfcmaru | 2008-09-24 07:20 | Trackback | Comments(8)

チェン初完封!!

先発チェン投手が良いピッチングしました。
5割復帰の同率3位。

とにかく、勝つしかないドラにとって幸先の良い勝ち方でした。
この調子で、先回の3タテのお返しをしたいですね~~~~

完投もプロ初なら、10奪三振も自己最多。4安打、109球で達成した“完封劇”は奪三振ショーでもあった。1回は3奪三振で幕開けすると、勢いは止まらない。内容も圧巻そのものだ。この日の10奪三振のうち、ウイニングショットが直球だったのは実に8度。安定感も抜群だった。二塁に走者を背負ったのは7回の1度だけ。7回を終えて82球、森バッテリーチーフコーチからの「完封を狙え」というゲキに、見事に応えてみせた。
c0009528_15173612.jpg

[PR]
by sfcmaru | 2008-09-23 15:17 | Trackback(3) | Comments(0)

勝てて良かった

本当にひやひやものです。
勝ててよかったと言うのが本心ですね。
初回に4点を取ったきりであとは追加点なし・・・・・
これじゃ、ピッチャーも苦しいですよね。

今年は、こんな感じで投打が上手くかみ合わなかった試合が多かったですね。
まだ、終わったわけじゃありませんが打撃陣になんとか頑張って欲しいですね。
チームに勢いをつけるには、やっぱり抑えて勝つより打って勝つほうが・・・・・
もっとも、ドラは前者のチームカラーでしたがもう一つ投手もピリットしなかった。

こうなれば、是非意地で3位死守に頑張って欲しいですね。

【中日4-2広島】中日は、ルイスの立ち上がりを強襲した。初回、左前打の李炳圭(イ・ビョンギュ)を荒木が犠打で進め、森野が初球のスライダーを左中間二塁打。さらにウッズが二塁打、和田も14号2ランで続いた。20日から1番に李炳圭を置き、森野を3番に据える打線が機能し、連敗を3でストップ。ただし、2回以降は1安打とあり、落合監督は「初回だけだろ。まあ広島球場最後の試合で勝てて良かった」と苦笑いした。CS進出へ残り12試合、自力Vの可能性は消滅しても前年度覇者の意地は見せる。
c0009528_7571983.jpg

c0009528_12565030.jpg
[PR]
by sfcmaru | 2008-09-22 07:57 | Trackback(5) | Comments(2)

収穫時期

すっかり季節は、秋モードとなりました。
虫の声も、こおろぎや鈴虫の声に変ってきました。
でも、まだまだ日中は暑いですね。
そんな中、収穫しているものがありました。 無花果です。
c0009528_22105445.jpg


通勤途中に無花果畑があります。
しっかり実がなっています。
毎朝、トラックで収穫に来ています。
私は、あまり食べませんが我家の女性人は大好きなようです。
でも、子供の頃は木に登って採って食べた記憶があります。
無花果をちぎると白い液が出てきてべたべたしたことを覚えています。
来年は、無花果の花を見てみたいですね~~。

・毎日1個ずつ熟す意の「一熟」が
変化して「いちじく」になったらしい。
(諸説あり)
・漢字の「無花果」は、
「花が外からは見えないのに実がなる」
ということから。
・実が熟すのは8月か9月。鳥の好物。
・「映日果」とも書く。

c0009528_22102053.jpg

[PR]
by sfcmaru | 2008-09-21 22:11 | Trackback | Comments(2)

イチロー、8年連続200安打

やっぱりイチローは凄い!!
8年連続の200安打は、現在の野球ではカンガエラレナイ。

誰が、名電(高校)で投手をしていた鈴木一郎がこんな凄い人になると予測しただろう。
オリックスの元監督、イチローの名付け親である故大木監督だけがその才能にきづいていたのかもしれない。

そんな大記録をベースボールの本場メジャーリーグで成し遂げたって言うのは凄いことだ。
毎年、物凄いプレッシャーと戦いながら記録を更新していく精神力と技術力には敬服します。
超人って言うに相応しい選手だと確信します。
もし、イチローが200安打打てなくなったらどうするんだろう????
でも、いずれその時がやってくる。
それまで、記録を伸ばし続けて一日でも永く選手生活を続けて欲しい。
そう考えているのは、私だけでしょうか???

【カンザスシティー(米ミズーリ州)17日時事】米大リーグ、マリナーズのイチロー外野手(34)=本名鈴木一朗=が17日、当地で行われたロイヤルズ戦で3安打を放ち、大リーグ1年目の2001年から8年連続の200安打を達成、1894~1901年にウィリー・キーラーがマークした大リーグ記録に並んだ。

 大リーグでのシーズン200安打以上8度は、通算最多の4256安打を放ったピート・ローズの10度、同2位の4191安打を記録したタイ・カッブの9度に次ぎ、ルー・ゲーリッグ、キーラーらと並ぶ歴代3位。

 イチローはオリックス時代の1994年に日本記録を更新するシーズン最多の210安打をマーク。渡米後の2004年には262安打を放ち、大リーグ記録を84年ぶりに更新するシーズン最多安打記録を樹立した。今年は7月29日のレンジャーズ戦で日米通算3000安打を達成。現在は同3070安打で、今季の残り11試合で、張本勲(東映など)が記録した日本歴代最高の3085安打の更新を狙う。 

c0009528_2321267.jpg

[PR]
by sfcmaru | 2008-09-18 23:14 | Trackback(3) | Comments(6)

立浪が2500試合出場

いや~~良い試合でしたね~~~
チェンの好投が良かった、しり上がりに調子が出てきて
7回の金本との勝負は、見ごたえがありましたね。
インコースへ力強いストレートを2球投げたことが結果
三振に討ち取れた要因だったのでしょうね。

また、打撃陣も中々のものでよく点を取りました。
7回の点の取り方は、強いドラを思い出させる感じでした。

そして、立浪のヒットで飾った2500試合出場は大変なものですね。
大偉業を成し遂げました。
野球界広しといえ、たった7人ですからね。
これは、毎年125試合出ても20年掛かるんですから凄いですよね~~
まだ、まだファンは立浪選手のユニフォーム姿を望んでいます。
頑張って欲しいですね~~~~

激打&激走で節目を彩った。史上7人目となる通算2500試合出場。ウグイス嬢のアナウンスに場内は最高のボルテージ。代打・立浪-。七回、二死一塁から内野安打。続く森野の左線二塁打で、一塁から本塁へ一気に生還。39歳ベテランの鬼気迫る姿が、借金生活再突入のピンチを防いだ。
 緊迫を安全圏に導いた全力疾走。「三塁を回った時に足がもつれたし、今もちょっと気持ちが悪いです」。珍しいジョーク。それも勝利があってこそ。打撃コーチ兼任で、若手の早出特打に付き合う中、走塁練習は毎日欠かさなかった。衰えを遅らせる不断の努力が実を結んだ。
 来季の現役続行も決まった。8月中盤、落合監督からのススメをありがたく受け入れた。「あとどれだけ試合に出られるか分からないですけど、ユニホームを脱ぐまでは全力で頑張ります」。クライマックスシリーズ進出をかけた熱き戦い。立浪が期待を歓声に変える。

c0009528_13352862.jpg

[PR]
by sfcmaru | 2008-09-17 13:35 | Trackback(7) | Comments(0)

思いついた時の気まま日記


by sfcmaru
プロフィールを見る
画像一覧