<   2007年 08月 ( 26 )   > この月の画像一覧

朝倉が11勝目

またまた、頼りになる男 朝倉がやってくれました。
11勝目です。
よく頑張りました、これまた打たせて取るピッチングでした。
十分です、今のドラには三振の山は必要ないです。
打たせてとれば十分です。

打線も少ないチャンスを荒木の勝ち越しのタイムリー・・・・
点数を沢山取ってくれるのも楽しいのですが
少ないチャンスを確実に物にして投手が抑えるこれぞドラの野球!!

中日の朝倉が今季初の完投勝利を飾った。朝倉は丁寧に低めを突き、尻上がりに調子を上げ、4連勝で11勝目。打線は四回に李炳圭の左犠飛で同点とし、七回に荒木の左前適時打で勝ち越した。広島は小刻みに継投したが、4番手・梅津が踏ん張れなかった。

 ▽中日・落合監督 勝ちは勝ち。(九回2死一、二塁のピンチで朝倉を続投)あそこまでいったら一人でいかなきゃ。あそこで代えたら、あいつに何も残らん。

c0009528_22554152.jpg

[PR]
by sfcmaru | 2007-08-31 22:55 | Trackback(9) | Comments(0)
大阪で開催されている世界陸上選手権。
毎日やってるんだけど、なんとなくパッとしない・・・・・・
期待の選手がことごとく敗退では。

ところが、今日の400M男子リレーは物凄い興奮しました。
まだ、予選なんですが同じ組にジャマイカ、アメリカが居るんだから
JAPANが何処までやれるのか興味津々でした。
個人競技でことごとくやられてしまったメンバーで世界を相手に・・・・
正直、予選敗退って思ってました。

それが、走る、走るアンカーまで他との距離を縮めずに自分達に位置を
キープし続けました。
最後の、朝原で完全にジャマイカ、アメリカがリードしたが
朝原は、最後の最後まで食らいつて3位にしかもアジア新だなんて・・・・
チームワークの強さが出ましたね。
もう~~、TVの前で思わず叫んでしまいました。
明日の決勝は、もっと、もっと良いタイムを出して欲しですね~~~
c0009528_22421611.jpg

[PR]
by sfcmaru | 2007-08-31 22:42 | Trackback(2) | Comments(2)

鮎釣り

夏もようやく終わりになってきましたね。
うるさいセミの鳴き声から、秋の虫の鳴き声に変ってきました。
あんなに暑かったのに、もう忘れてしまいそうな感じ・・・・・

そんな中、通勤の時に渡る川で鮎釣りをしてました。
もう、今の時期は落ち鮎釣りでしょうか??
私は、釣りは全くやらないのでさっぱりわかりませんが・・・・・
食べる方では、大好きでよく食べました。
さっぱりした味と、化粧塩とのコラボレーションがなんとも言えない・・・

この鮎釣りは、とも鮎(おとり鮎)での釣りが有名ですね。
何故鮎は、縄張り争いをするのか???
それは、鮎の好きなえさがついてる石を守る為に縄張り争いをするらしいです。
来週のウイークデイには、鮎の塩焼きパーティーが予定されています。
美味しい鮎が食べられますように・・・・・・
c0009528_2234340.jpg

[PR]
by sfcmaru | 2007-08-30 22:33 | Trackback | Comments(2)

くり、クリ、栗

栗の花が綺麗な季節から今は、実がなってきました。
まだ、まだ青い栗の実ですが・・・・・・
でも、毎日見てますが綺麗です。

此処の栗は、農家の人が作っているので自然の栗より大きいんです。
10月くらいになるといがは、茶色になり大きな栗の実が出てきます。
栗ご飯にしても、そのまま食べても美味しいんですね~~

栗の由来は、落ちた実が石のようであることから小石を意味する古語「くり」から
この名になったらしい。
桃栗3年柿8年って言いますが、何事も実を結ぶまでには時間がかかり
時期が来なくてはできないということでしょうか?

「行く秋や 手をひろげたる 栗のいが」
松尾芭蕉
「栗拾ひ ねんねんころり 云いながら」
小林一茶
「逗留(とうりゅう)の 窓に落つるや
栗の花」 向井去来
「月夜見(つきよみ)の 光を待ちて
帰りませ 山路は栗の いがの多きに」
良寛

c0009528_18473327.jpg

[PR]
by sfcmaru | 2007-08-29 18:47 | Trackback | Comments(6)
なんと言う代打となったのでしょうね。
まさか、満塁HRとは・・・・・・・
立浪本人もこれには、ビックリでしょうね。

c0009528_848329.jpg英智でも、何かやってくれそうだったのですが
そこは、落合監督確立から言えば立浪のほうが・・・・・・
どんぴしゃでしたね。

これで、山井も8回まで2失点で頑張りぬきました。
それにしても、最初からよく打ちましたね。
この打撃をコンスタントに出せるようにならないものですかね~~~~

昼間の蒸し暑さは消え、秋の気配が漂い始めた横浜の夜空に描いたアーチ。立浪の一振りが、接戦を快勝へと塗り替えた。1点リードの六回一死満塁。落合監督はこのところ好調の英智に代え、代打の切り札を打席に送った。

 「1点ではきつい。クラ(英智)でもいいけど、確率を考えればタツ(立浪)」と落合監督。二回に敵失で1点を奪ってからは好機で攻め切れない展開が続いていた。一死一、二塁から李炳圭が左前打で満塁。もどかしい流れを打ち破りたい。欲しい大量点。終盤を迎える前に勝負をかけたベンチに、20年目のベテランが呼応した。

[PR]
by sfcmaru | 2007-08-29 08:48 | Trackback(6) | Comments(0)

平均年齢60・4歳

安部総理の改造内閣も無事に発足して一安心でしょうか???
今回の顔ぶれを見ると、かなり問題発言を気にした顔ぶれとなっていますね。
各派閥の領袖が多く、中々狸ばかりでいらん事は言いそうもないですね。
でも、平均年齢60.4歳は若い方なの??年寄りのほうなの??

あんなにぼろくそに言われても、阿部ちゃんは続投を選択したんですが
どうしてなのか凡人の私には、分かりませんね~~~
この、チョイ悪親父内閣で何処までやれるのかお手並み拝見ですね。

厚労相に舛添さんがなりましたが、余計なことを言いそうですね~~~
でも、お役人達はびびってるようですよ
かなり本気ムードでやっていくようで仕事が増えますよ~~~

民主党も小沢さんだけの考え方では、今回のテロ特措法も落ち着かないのでは??
ここは、じっくり落とし所を拝見してますからね。
結局は、自民党とおんなじジャンでは納得がいかないと思いますし
だからと言って、現実的に考えればNOだけでも困るんじゃないの???
やっぱり、落とし所が見ものですわ~~~

27日に発足した安倍改造内閣の特徴を分析した。

 ◆平均年齢60・4歳

 安倍首相を含めた閣僚18人の平均年齢は60・4歳で、前内閣発足時の60・9歳よりわずかに若返った。52歳の安倍首相は、50歳の岸田沖縄相の次に若い。

 ◆谷垣派はゼロ

 閣僚数を派閥別に見ると、首相の出身派閥の町村派が4人から1人に、丹羽・古賀派が4人から2人に減った。津島派と山崎派は1人増え、それぞれ3人、2人になった。

 前内閣でゼロだった二階派も1人が入閣した。一方、首相と距離を置く谷垣禎一・元財務相が率いる谷垣派は、前内閣に続いて閣僚ポストはゼロだった。麻生派も麻生外相が自民党幹事長に転じたことで、閣僚がいなくなった。

c0009528_1231799.jpg

[PR]
by sfcmaru | 2007-08-28 12:01 | Trackback(1) | Comments(8)

中日、阪神を振りきる

昨日の試合は、途中からの打線がつるべ打ちでしたね。
あそこで、1点どまりではなんとなく不安でしたが
イ・ビョンギュと英智がよく打ってくれました。
とにかく、今は勝ったり負けたりで我慢の時期ですから・・・・

中田も11勝と勝ち星は着きましたが
内容は、今一で本人もあまり納得してないのでは・・・・・
でも、とにかく今は勝つことがチームの勢いをつける一番の薬です。

中日6―3阪神(セ・リーグ=26日)──中日は四回、一死二、三塁からウッズの右前適時打で1点を先制。さらに李炳圭(イ・ビョンギュ)の適時二塁打と、英智の2点適時打で計4点を奪った。

 阪神は六回、代打・桧山の適時二塁打で1点を返した。

 阪神は七回、金本の左犠飛と桜井の適時打で2点を奪い、1点差に迫った。

 中日は七回裏、中村紀の適時打などで2点を追加。九回は岩瀬が登板して逃げ切った。先発の中田はチームトップの11勝目。

c0009528_7564444.jpg

[PR]
by sfcmaru | 2007-08-27 07:56 | Trackback(9) | Comments(2)

特技は“トラ狩り”朝倉

久しぶりのスッキリ、スッキリ、スッキリ!!!!!でした。
しかも、直ぐ後ろに近づいて来たTさんだけにほっと一安心。

それにしても、朝倉調子が上がってきましたね。
打たせて取る良いピッチングになってきました。
打線も巧くかみ合って早いうちから大量の援護もあり完投の
条件はそろっていたのですが・・・・・今は、チームが勝つことが優先ですね。

立浪は、通算1000打点と表彰を受けました。
凄いことなんでしょうね?
打点が多い言うことは、本当に頼りになる選手と言うことですね。
とにかく、おめでとうですね。

この男の持ち味は「生命線」というシュート。この試合もアウト20のうち、11が内野ゴロ。3併殺でピンチの芽を摘んだ。七回、金本への四球の際、右人差し指のマメが裂け、大事を取って二死後に交代したが、阪神戦は15日の8回無失点と合わせて今季計14回2/3でわずか1失点。鮮やかな“連続トラ狩り”だ。

 前夜23日の巨人戦(東京ドーム)では、エース川上がG打線に4被弾で逆転負け。「イヤな負けの次の日に、こうやって勝ってくれたらな。(朝倉)健太も、ひと皮もふた皮もむけてくれるだろう」と落合監督。川上、中田に続き、チーム3人目の10勝到達だ。


c0009528_16485883.jpgc0009528_1649103.jpg
[PR]
by sfcmaru | 2007-08-25 16:49 | Trackback | Comments(4)
良い決勝戦でしたね。
もう、鳥肌もんでした。

今日は、定休日なのでテニスの後いつものお風呂のサウナで
じっくりと高校野球の決勝戦を観ていました。
7回まで、広陵のエース野村の球は打てないって思ってました。
サウナの観客の誰もが、決まったなって言ってました。
私もそう思いました。

ところが8回になんとミラクルが・・・・・・
押出しの後、考えられない満塁HRですよ。
きっと、TVを観てた日本中の人が考えもしなかった結末ですよね。

佐賀北は、公立高校なのでこれまた驚きですよね。
私学ほど、特待生を集めてるわけじゃないので本当に凄いことです。
とにかく、選手の皆さん応援の皆さんお疲れ様でした。
熱い夏が過ぎていきますね。

▽佐賀北・百崎敏克監督 一方的な負けの内容だったがよくしのいだ。七回の2失点で苦しくなったが、八回は次につなぐ意識が出て、球場の雰囲気に後押しされた。

 ▽広陵・中井哲之監督 まさかこんな結果になるとは。最後の最後に思わぬ本塁打だった。勝った方が強いということ。正直、悔いはあります。これが甲子園なんですね。

c0009528_18393888.jpg

[PR]
by sfcmaru | 2007-08-22 18:39 | Trackback(12) | Comments(4)
たまには、こんな試合も良いもんですね~~~
全安打がソロHRでした。

c0009528_7372936.jpg山井の立ち上がりがあまりにもひどかったので
今日の試合は、5回持たないな~~って思ってたら
なんとか初回を1点でしのいだ。
その直後に、英智の同点ソロHR!

c0009528_7394635.jpgなおも、4回にはG投手が恐れていたウッズが特大HR!
どうやら、G投手陣はそうとうウッズの一発を恐れているようです。
高橋の失投でしたね。





c0009528_8185490.jpgそして、留めは6回の中村ノリのHR!
これが昨日のドラの全安打でもあった。
投手陣は、岡本、高橋、岩瀬と完全リレーでG決戦の1Rは勝利でした。
さあ、今日はもっともっとヒットを打ってスカット勝っちゃいましょう。
[PR]
by sfcmaru | 2007-08-22 08:19 | Trackback(5) | Comments(0)

思いついた時の気まま日記


by sfcmaru