<   2007年 07月 ( 27 )   > この月の画像一覧

安倍首相続投は「開き直り」

残念でしたね、阿部さん
国民は、小沢さんを選択しましたね。
あなたが、選挙中に言ってた演説のコミットでしたよね。
それにしては、潔がよろしくないようで・・・・・
あくまでも、権力を誇示するんですね。
自民党内からも、如何なものか???って言動が飛び交ってるよね。
責任は、すべて私にあります。
だから、総理として続投して責任を果たして行くとのこと信じられますか???

人心を一新して?貴方も含めた一心ではないのですか?
人々の心、人間の心、民心と言う意味からしても貴方を含めた言葉じゃないの?
いずれにしても、茨の道を選択しましたね。(バックのバラ一輪が皮肉ですね)
c0009528_756920.jpg

[PR]
by sfcmaru | 2007-07-31 07:56 | Comments(5)

中日4年目 堂上剛  初本塁打が決勝弾

何とか連勝できました。
ドラにとっては、良い降雨コールドゲームだったのかもね??

しかし、なんと言っても2回の堂上のプロ初HRが効きましたね。
親子本塁打と大きく載ってました。
嬉しかったことでしょうね。
やってきたチャンスを物にしてしまうんですから
きっと、良い逸材なんでしょうね。
後半戦の目玉になりそうですね。

27日にプロ9打席目で初安打となる二塁打。さらに初打点をつかむ三塁打を放った。28日は代打で内野ゴロに終わったが、指揮官の目に成長ぶりを焼き付けた。「代打で結果を出せるタイプではない」と落合監督。森野の欠場でこの日、先発に起用されると、また結果を残した。

 落合監督が言っていた。「炎天下でやってきた選手は強い」と。言葉が指すのは、ファームで汗と土にまみれた若手たち。投打とも盤石さを欠く今季、こんな力が原動力となる勝利があってもいい。「これからもチームの勝ちに役立ちたい」と堂上剛。日焼けした顔が、たくましく映った。 (加藤隆士)

c0009528_1574295.jpg

[PR]
by sfcmaru | 2007-07-30 15:16 | Comments(0)

中日、逆転で連敗ストップ

久しぶりにドラネタが書けますよ~~~~
このところ、4連敗だったので全く書けないかったのだ。
私のブログは、ドラが勝利した時だけしか書かないから・・・・・

でも、昨日は僅差の1点を守り抜いてくれた。
いつも、こうだと良いのだが・・・・・・
ここんとこ、打線に繋がりがないよね。
満塁でのチャンスでことごとく点数が取れなかった。
まあ、長いシーズンこういうこともあるんだろうけど・・・・・

あと一試合は、きちっとドラペースで勝ってほしいな~~~
あそこでよく打った、中村ノリ。

中日が4点差をひっくり返し、連敗を4で止めた。谷繁の4号2ランなどで1点差に詰め寄った後の7回二死一、二塁から森野、中村紀の連続適時打で逆転。9回は岩瀬が抑えて26セーブ目。ヤクルトは救援陣が踏ん張れなかった。 (了)
c0009528_7575527.jpg

[PR]
by sfcmaru | 2007-07-29 07:57 | Comments(0)

熱き高校野球

昨日は、息子の出身校の高校野球の応援に行って来ました。
会社も休日出勤だったので、早めに切り上げ応援に行って来ました。

久しぶりの高校野球は、新鮮でした。
生徒の応援も、父兄のお茶配りも、横断幕も昔と変らず
伝統をしっかり受け継がれていました。
ただ、私達と違っていたのは父兄の応援のマナーが凄く良くなってました、
私達の時の応援は、それはもうめっちゃくちゃでした。
勝つためには、手段を選らばずって感じでけんか腰の応援でした。
よく息子に言われました、親父達の応援は単なる野次だって・・・・・

でも、楽しかった毎回球場へ行くのが生きがいみたいに感じてました。
父兄の団結心は子供達以上でした。
強いチームってのは、やっぱり親も団結力があるんだとその当時を思いました。
今は、礼儀正しくしっかり応援してました。

結果は、7回コールド負けでしたが4回戦まで勝ちあがったことは立派です。
彼らのそして、親達の熱い夏は完全燃焼だったと感じました。
やっぱ、夏の高校野球は独特な思いがしますね・・・・・
c0009528_2354445.jpg

[PR]
by sfcmaru | 2007-07-27 23:07 | Comments(0)

期日前投票

行って来ました、期日前投票へ・・・・・
29日は、仕事で遅くなりそうなので今日選挙へ行って来ました。
投票所には、結構多くの人が来ていました。
初めて来てみて、こんな多くの人が期日前に投票するなんて
今回の参議院選挙への感心が大きい事が伺えます。

マスコミでは、民主党が断トツのような言い方を盛んにしてます。
でも、自民党にとってはこれが終盤へ向けての狙いなんでしょう。
日本国民は、世界一のバランス感覚を持っています。
始めは、今回は与党にお灸をすえてやらねばと考えていましたが
此処へ来て、野党がひっくり返すようなことはちょっと行きすぎかな??
って感じで、微妙にバランス感覚が働いてしまうんですよね。

でも、今回だけはダメなものはダメ!!
はっきりさせましょう。

阿部さんの任命責任もはっきりさせましょう。
あほな閣僚の問題発言にNOといってやりましょう。
そんな気持ちで、私の大事な一票を今日投じてきました。
29日が楽しみです。
庶民の怒りの気持ちを阿部さんにはっきり伝えましょう。
c0009528_21374925.jpg

[PR]
by sfcmaru | 2007-07-25 21:37 | Comments(8)

ヒグラシ

仕事が終わって、駐車場へ向かっていると
林の中から、カナ、カナ、カナというなんとも悲しげな鳴き声が聞こえてくる。
ヒグラシの鳴き声です。

でも、夕暮れのこの声を聞くとなんとなく心落ち着く感じなんです。
あ~~~、今日も一日終わった~~~って感じなんです。
ヒグラシはせみなんですが、あたかもこのセミが日暮れを呼んでいるようにみえるのでヒグラシの名がついたとのことです。

なんとなく、その日暮らしのもの悲しさを感じるのは私だけでしょうか???
でも、なんとなく癒されるひと時です。

鳴き声は近くで聞くとやや濁りのある「ゲ」に 近い「ケ」で「ケケケケケケケケ!」、ちょっと離れて聞くと「カナカナカナカナ!」、さらに遠くから合唱を聞くと、まるで数多くの鈴を打ち振るように軽やかに「シャンシャンシャンシャン」。個別の鳴き声は、始めがフォルテで次第にディミヌエンドしテンポもやや遅くなる鳴き方。一鳴きが3、4秒ほど。鳴き方自身は単純だが、やや物悲しく清涼感を与えるきわめて美しい声。夏の夕暮れ風呂上りに避暑地で聞くと最高。音楽的な意味ではツクツ クボウシの複雑な鳴き方があるけれども、聞くものにこのような爽快感を与えるのはヒグラシの右に出るものはない。これほど簡潔でしかも完璧な鳴き声が他にあるだろうか?セミの歌はヒグラシに始まり ヒグラシに終わると思っているのは私だけだろうか?日本に生まれて良かったと思う瞬間である(とは言え、台湾のヒグラシ属の鳴き声も美しいものが多い)。1頭が鳴来出すと近くのものも直ちに追うように唱和する傾向がある。
c0009528_754535.jpg

[PR]
by sfcmaru | 2007-07-24 07:54 | Comments(4)

武豊、JRA最多2944勝

こちらも凄い記録ですね~~~
競馬が好きな者だけに、この記録は凄いと感じました。
あの岡部の記録を更新してまだまだ伸ばしていくんですからね。
確かに、岡部騎手の時代とは条件が違いすぎますが
今後、塗り替えられることがないと思います。
そのくらいの勢いが、今の武豊にはありますね。

今日も、小倉で勝ちました。
私は、負けましたが・・・・・・
競馬が好きって言っても、競馬場には行かないし
メインレースをたまにやるくらいで、ギャンブラーではありません。
ただ、馬の名前が色々あって好きなのと
学生時代、エリモ牧場でバイトをやっていた関係で
馬が好きになりました、今日もエリモハリアーが勝ちましたね。
エリモ牧場で、競馬馬が静養に来てるお盆に少しだけ世話をさせてもらいました。
その関係もあって、馬の目があの大きな馬の目が好きなんですね。

良い馬に乗れるからってだけじゃない、凄い記録なんですよね。
しかも、武豊って人間的にも親父譲りだと思うが良いと思うよ。
好きな騎手です。
でも、武から馬券券を買うと安いので此処が辛い・・・・・

21日の小倉12RでJRA通算勝利数を2944とし、JRA史上最多勝利の新記録を達成した武豊騎手(38、栗東・フリー)、およびこれまでの記録(2943勝)を持っていた岡部幸雄元騎手のコメントがJRAより発表された。

【武豊騎手】
「今日達成できればと思っていましたが、あまり意識せずに一つ一つ大事に乗りました。(最多勝記録というのは)とても大きく重たい数字だと今噛みしめています。これまで、与えられたチャンスを確実にきっちりものにしようと騎乗してきました。たくさんいい馬に乗せてもらい、たくさんの方に応援してもらい、これまで騎乗してきたすべての馬と多くの関係者に感謝しています。この数字は通過点ですので、今後ますます自分自身を磨いて勝っていこうと思います。今日は本当にありがとうございました。」

【岡部幸雄さん】
「武君、おめでとう。武君にとっては当然の記録であるだろうけど、JRA以外にも地方・海外と、大きな怪我もなく乗りこなしていることはさすがだと思っております。これからも競馬界の発展のために、長く記録を伸ばして勝ち星を重ねてください。本日は本当におめでとう。」

c0009528_18212387.jpg

[PR]
by sfcmaru | 2007-07-22 18:21 | Comments(4)

日本、苦戦制す

今日は、何と言ってもアジア杯サッカーですね~~~
しびれる中継を見ながら、大声で応援してしまいました。
1点先行された直後の、高原のシュー~~~~ト!!!
鳥肌もんでした。
よく決めてくれました、打ちあぐねてた日本勢の中であのシュートは価値のあるシュートした。

その後も、日本は1人少ないオーストラリアに攻撃の手を緩めなかったが
今一シュートが決まらない・・・・
ついに、PK戦に突入です。

さあ、此処からが川口の腕の見せ所でした。
2人をナイスセーブで、勝ちをぐっと引き寄せました。
でも、ここも鳥肌でした。
良くぞ止めた川口!!!

そして、高原は外してしまったが
最後の中澤は落ちついてゴ~~~~~~~~ル!!
最高の試合でした。
選手達の集中力に感動しました。

日本がPK戦にもつれる苦戦を制した。序盤からボールを支配した日本だが、後半24分にCKからアロイジに先制点を献上。しかし、3分後に高原がゴール前で相手DFをかわし、落ち着いて同点ゴールを奪った。
 その後は1人少ない豪州のゴールを割れなかったが、PK戦ではGK川口が最初の2本を鋭い読みでセーブ。日本は高原以外の4人が決めた。 (時事)

c0009528_23282915.jpg

[PR]
by sfcmaru | 2007-07-21 23:28 | Comments(4)

全セ、圧巻の9投手リレー

いや~~本当に楽しかったオールスターでしたね。
こんな豪華な投手リレーは勿論、初めてですよね。
しかも、1ヒットで出てくるピッチャーみんなプレッシャーですよね。
パの投手陣も気迫有るピッチングで中々しまった試合展開でした。

でも7回、ウッズの2ベースをきっかけにラミレスガ美味しいところをもってっちゃいましたね。
代打前田もHRそして、8回我がドラの森野もHRもう最高潮!!!
落合監督もにんまり・・・・・

それにしても、監督冥利に尽きますね。
これだけの選手を使えるんだから、何をやってもにんまり、にんまり・・・・
今日は、楽天のマー君が投げる楽しみですね。

全セの圧巻で豪華なリレーだった。1人が1回をきっちり抑え切るという9人の継投。全パの強打者を牛耳り、全セに1991年以来となる「完封勝利」をもたらした。
 先発の上原が1回、先頭の西岡を一ゴロに打ち取ったかに見えたが、俊足を生かされて内野安打に。「足が速いので仕方ない」と上原。終わってみれば、これが全パの唯一の安打となった。
 2回以降は、6回の黒田以外、各チームが誇るセットアッパー、抑え投手が続々と登板。岩瀬が「自分の球を投げ切れた」と言えば、クルーンも「重圧はあったが、いい投球ができた」。この顔触れが1イニング限定で全力投球をすれば、パ・リーグを代表する打者でも容易には打てない。出塁すらできなかった。
 締めくくりは藤川。「このメンバーで(抑え役を務めるのは)めちゃめちゃ光栄なこと」。意気に感じた阪神の守護神は、全球ストレート勝負で試合を終わらせ、「重圧? なかった。疲れもない」と満足そう。
 指揮を執った落合監督は「けがさせずに(所属)チームに返さないといけないから」と球宴ならではの采配(さいはい)の意図を説明。思わぬ好結果を生み、「こういう使い方もあってもいいんじゃないか」と、まんざらでもなさそうだった。(了)

c0009528_804377.jpg

[PR]
by sfcmaru | 2007-07-21 08:00 | Comments(2)

お土産三昧

今週の仲良しテニスは、おみやげでいっぱいでした。
先週は、お休みだった仲良しテニスクラブ
そんな中、皆さんめいめい旅行三昧でした。

ハワイでクルージングの人あり、四万十川でうなぎ三昧、北海道で美味い物三昧と
皆さん楽しんできたようです。
そして、今週は皆さんが買ってきてくれたお土産三昧でした。
パパイア、クッキー、いかせん、たこせん、バタークッキー・・・・
テニスより美味しいものをしっかり頂きました。
これも、楽しみの一つですね~~~~

肝心なテニスは、試合より練習時間をかなりとりました。
久しぶりに打ち込んだって感じでした。
今日もまだ、肩が痛いですね~~~
でも、気持ちのいい痛きも状態です。
c0009528_22573691.jpg

[PR]
by sfcmaru | 2007-07-20 22:57 | Comments(0)

思いついた時の気まま日記


by sfcmaru
プロフィールを見る
画像一覧