カテゴリ:本・CD( 11 )

永遠の0

ようやく読み終えました。

百田尚樹の『永遠の0』を・・・・・

DVDを観る前に、どうしても原作を読んでみたかったから・・

良かったですね~~、私本を読んで涙が出てきたことは初めてでした。

c0009528_12280095.jpg

メッチャ感情移入しちゃいました。

戦争ものは、好きな方で映画やTVで結構見てましたが

これだけ詳しく、海軍内部のことや特攻への経緯や勿論

ゼロ戦や他の戦闘機につて知ったのも初めてでした。

海軍一の臆病者と言われていたパイロットの真実を少しずつひも解いていく・・

同じ海軍の生存者が次々と主人公の人格を語るシーンはドキドキです。

それにしても、やっぱり戦争はひどいものですね~~

多くの犠牲の上に今の日本があることを改めて痛感したことと

戦争へ向かって行く論調が今の政権から聞こえてくることに今一度

考える時間を与えてくれた貴重な一冊だったように思いました。

さあ、これで思いっきりDVDを観よう・・・BGMでもっと沢山の

涙を流しそうな予感・・・・

[PR]
by sfcmaru | 2015-04-06 12:28 | 本・CD | Trackback | Comments(0)

マッタリ読書

昨日は、マッタリと読書してきました。

図書館で好きなJAZZと山の本を読んで来ました。

深田久弥の日本百名山は、昔から気になっていた本なんです。

どうやって、深田久弥が百名山を決めたのか・・・・??

やっと分かりました。

条件

①山の品格(山格、誰が見ても立派だと感嘆する山)

②山の歴史を尊重する(昔から人間と深い係わりを持った山)

③個性のある山(芸術作品と同様)


付加条件として大よそ1,500m以上(例外:筑波山&開聞岳)

筑波山(1,000mにも足りないが歴史の古さがある詳細は・・・・)

開聞岳(同じく1,000m足りないが完璧な円錐形と卓抜した構造・・・)

へ~~~、そうなんだ~~~

c0009528_20151410.jpg

[PR]
by sfcmaru | 2014-10-13 20:15 | 本・CD | Trackback | Comments(0)

五行詩

お盆の間に本を読んでましたが、詩集も読みました。

五行詩です。

五行の詩なんです。

結構、心に響く詩がありました。

たった五行で読む人達の心を打つってのは大変な才能ですよね~~

しかも、沢山作っているんですね~~

作者は、田中薫さん(薫風)です。

豊田の和菓子屋さん近江屋の奥さんから頂いた詩集です。

心の薬にもなったそんな五行詩でした。

c0009528_1029586.jpg


c0009528_102919100.jpg

[PR]
by sfcmaru | 2014-08-18 10:29 | 本・CD | Trackback | Comments(0)
お盆の休みに読みたかった本を読んだ。

図書館から借りてきた中の一冊なんだけど、昔から読みたかった本です。

オー・ヘンリーの短編集です。

とにかくおもしろくて、ストーリーが明確で、誰にも分かる、そして短くて感動的です。

読んでて思ったのは、TVドラマや演劇、映画、推理小説なんかに凄く影響を与えているな~~って感じた。

きっと皆さんも知ってる『最後のひと葉』・『賢者の贈り物』は世界的に有名ですよね~~

今回読んで面白かったのは、『金の神と恋の使者』・『一千ドル』・『二十年後』でしょうかね~~

作者のプロフィールにも驚きましたが、発想がユニークで、ユーモアがあり、鮮やかなオチで

本当に楽しい時間を過ごせました、まだまだ読みたい本が机の上に積まれてる~~~

c0009528_9444587.jpg

[PR]
by sfcmaru | 2014-08-15 09:44 | 本・CD | Trackback | Comments(0)

終わらざる夏

久しぶりに長編小説を読みました。

図書館で借りてきて読みました。

結構、読み応えがあった上・下巻でした。

浅田次郎の”終わらざる夏”と言う本です。

ひょんなことから、浅田次郎を知りまして是非読もうって思って・・・・・

8月15日終戦(敗戦)になって、これで自由になれるって日本中が思った時に・・・・

まだ、戦争は終わっていなかった。

占守島(シュムシュトウ)って、今の今まで知らなかった(勉強不足)・・・・

改めて戦争の悲惨さと残酷さを思い知らされました。

こんな、理不尽な人生を送った人々はさぞ無念だったろうな~~って・・・・

本を読んで涙が出てきたのは、本当に久しぶりでした。

c0009528_22164367.jpg


c0009528_22171634.jpg

[PR]
by sfcmaru | 2013-10-06 22:18 | 本・CD | Trackback | Comments(2)

吉田拓郎LIVE2012

拓郎のLIVE2012のDVD&CDを購入しました。

昨年の、東京周辺4会場だけのLIVEです。

残念ながら、現場へ行く事は出来ませんでしたが

何とか、DVDでその時の雰囲気を味わえたら良いなって思ってアマゾンで購入しました。

それにしても、アマゾンって凄い値引きですね~~

内容は、思っていたより良かったですね~~~

特に、中盤からの”Voice”~”白いレースの日傘”~”虹の魚”はのりましたね~~~

Voiceのアレンジは、最高です。

それにしても、たった4日間のLIVEのために凄いメンバーを揃えたものですね~~

リハーサルの方が、時間掛かってるってのは言わずもがなです。

CDの曲は、DVDにあわせたものなので曲聴きながら場面が浮かんでくるのが良いですね~~

やっぱり、幾つになっても拓郎は凄いですわ~~~

c0009528_2395787.jpg


c0009528_23101217.jpg


c0009528_23102776.jpg



[PR]
by sfcmaru | 2013-02-20 23:11 | 本・CD | Trackback | Comments(2)

18時開演

アマゾンで初めてCDを購入しました。

結構、簡単に安く手に入るんですね~~~

初めて購入したのは、吉田拓郎の”18時開演”LIVE盤です。

しかも、極上中古品です。

届いたものは、本当に私にとって何の問題もなく得した気分です。

内容は、2009年のLIVE模様ですが結構貴重なLIVE盤ですね~~

2009 LIVEは、体調不良で4公演で後はすべてキャンセルだったから・・・・

しかも、MCがめっちゃ多く録音されてます。

初期のLIVE盤のような感じですね~~~

私は、このLIVEは行けなかったので今 毎日楽しんでます。

c0009528_1739167.jpg


c0009528_17393593.jpg

[PR]
by sfcmaru | 2012-01-11 17:39 | 本・CD | Trackback | Comments(2)
ラジオで流れた本の紹介で、面白そうなので借りてきました。

絵本なので読みやすく、分かりやすかったです。

少し前の本なんですが、地球環境についての警鐘でしょうね~~~

これに似た本、”ハチドリのひとしずく”や”世界がもし100人の村だったら”もそうですね。

"地球の直径は1万2756kmです。

もしも地球を100cmの球に縮めると…

100cmの地球では太陽がちょうど東京ドームの大きさです。

お月様はビーチボールくらいの大きさで、30mほど先を回っています。

飛行機は地表から1mmのところを飛んでいます。

スペースシャトルだって2~3cmの高さを回っています。

富士山は0.3mm、エベレストは0.7mm

なくてはならない空気だって、100cmの地球ではわずか1mmの厚さしかありません。

地球の表面は全部で2畳ほどの広さです。

海水は全部で660cc、ビール大瓶1本分ほどです。

でも海水は飲めません。飲める淡水は17ccしかないのです。

でもそのほとんどの12ccが氷河などの氷です。

飲み水などに私たちが利用できる水は、スプーン1杯にも満たない5ccほどしかないのです。

100cmの地球では森は30×45cmです。A3用紙より少し大きいくらいです。

そして3×3cmほどの緑が毎年消えているのです。"

c0009528_22285283.jpg

[PR]
by sfcmaru | 2011-12-01 22:29 | 本・CD | Trackback | Comments(2)

落合監督・・・・・

いつもの本屋へ月刊誌を買いに行って、目に付いた本・・・・・・

でも、著者がテリー伊藤だし・・・・・

でも、題名が気になるし・・・・・

本当は、落合監督自身の著書が読みたかったのですがこれは図書館で・・・・

と言うことで、買ってみました。

内容は、やっぱり期待した程ではなかったですね~~~(期待が大きかったのか??)

でも、監督時代のエピソードや心境の一部を少し感じとれました。

今度は、落合監督自身の本を読みます。

今、息子がその本読んでます・・・・・

c0009528_1835863.jpg

[PR]
by sfcmaru | 2011-11-30 18:11 | 本・CD | Trackback | Comments(2)

シブすぎ技術

かみさんが、何故か持っていました。

タイトルが面白そうだったのとアニメだったので読んじゃいました。

色々な技術屋の苦労話が沢山記載されていました。

まあ、この製品はどうやって出来たかとかどんな人が考えたのかってことは

分かるのですが、それ以上の深みはなかったですね~~~

仕事柄、もう少し専門的なところまでつっこんで欲しかったのですが・・・・

まあ、アニメで読み易かったので良しとしますか。

因みに、私が読んだのは3巻目だったようで1,2も出てるんですね~~

c0009528_1752058.jpg

[PR]
by sfcmaru | 2011-11-30 18:01 | 本・CD | Trackback | Comments(0)

思いついた時の気まま日記


by sfcmaru
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30