終わらざる夏

久しぶりに長編小説を読みました。

図書館で借りてきて読みました。

結構、読み応えがあった上・下巻でした。

浅田次郎の”終わらざる夏”と言う本です。

ひょんなことから、浅田次郎を知りまして是非読もうって思って・・・・・

8月15日終戦(敗戦)になって、これで自由になれるって日本中が思った時に・・・・

まだ、戦争は終わっていなかった。

占守島(シュムシュトウ)って、今の今まで知らなかった(勉強不足)・・・・

改めて戦争の悲惨さと残酷さを思い知らされました。

こんな、理不尽な人生を送った人々はさぞ無念だったろうな~~って・・・・

本を読んで涙が出てきたのは、本当に久しぶりでした。

c0009528_22164367.jpg


c0009528_22171634.jpg

[PR]
トラックバックURL : http://tamarinn.exblog.jp/tb/20810770
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tanihiro4 at 2013-10-06 23:22
たまりんさん浅田次郎さん私も大好きです。フアンですよ。年代が同じぐらだからと思いますが戦争ものとか中国の話だとかいろいろあって面白いと思ってよんでいますが終わらない夏はまだ読んでいません。勉強不足ですね。是非読んでみます。
Commented by sfcmaru at 2013-10-08 21:54
そうなんですか、それじゃ是非一度手にとって見てください。
本当に久しぶりだったんです、小説を読むってのは・・・・・
でも、浅田次郎さんの小説って史実に基づいたものなんですね~
インタビューの中で言われてました、もう直ぐこの戦争の事を体験
した人達がいなくなってしまう・・・・・
その時が、この史実が歴史になってしまうって・・・・・・
だから、真実を・・・・・・
by sfcmaru | 2013-10-06 22:18 | 本・CD | Trackback | Comments(2)

思いついた時の気まま日記


by sfcmaru
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30